【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【習慣性流産の漢方的ケア その1】

【習慣性流産の漢方的ケア その1】

東洋医学の世界では 実は流産も 「小さなお産」と

捉えます。  だから流産した後も産後と同じように

体のケアが必要と捉えています。

実際に流産後の身体は 産後の身体と同じように

体のエネルギーである「気」や 血が不足してしまい

また、子宮や卵巣の血流が悪くなっていると捉えます。

 

この状態をほっておくと、妊娠しにくくなったり

習慣性流産を招く事が多いのです。

昨日ご紹介した。 芎帰調血飲第一加減などは

体をきちんと回復させるために編み出された漢方です。

 

なお流産のあとに 胸の張りや乳汁分泌などの症状が

起こる場合がありますが、このときには

高プロラクチン血症 の治療や断乳にも用いられる

麦芽を炒ったものを使います。

流産した後だからこそ無理しない事が肝要ですね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【習慣性流産の漢方的ケア その1】:関連ページ

【女性は35 歳以上になると、妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。】
女性は35 歳以上になると、妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。   これは、加齢による卵の染色体異常や受精後の胚発育の悪化により 起こると考えられています。 女性の卵巣内にある卵子は生まれる前に作られ、 […]
【流産の種類について】
「流産の種類について」 と言う内容のご相談をよくされます。 今日は流産について書かせて頂きます。   流産と聞くと、とにかく悲しい気持ちになりますが、全妊婦さんの8%~15%が流産を経験するといわれています。 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/4002/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.