【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】

【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】

瘀血(オケツ)はどんな状態で現れるのでしょうか?
結構 特徴的な症状で出てくることが多いです
ちょっとまとめてみました。

1 全身に現れる瘀血

瘀血でいう全身の症状に 冷え性がありますが

特徴として 左 紫 静脈 鬱血 治りにくい 訳がわからない

ということがあります。

まず色々な症状が 身体の左側に強く出やすい

皮膚・粘膜などが紫がかったり 紫色の斑点が出ます。

体の色々なところの静脈系に鬱血が現れたり
内出血を起こしやすくなります。

何をやってもどうしてもよくならない

そんな時は瘀血を疑いますが

冷えのぼせ  この症状が出ると 瘀血があると
考えます。

漢方では 体の中は 気 血 水 が巡って成り立っていますが
重さが  血→ 水 →気の状態で軽いので 血が滞ると気が
上に昇って降りてくれなくなります。

下半身に陽気が巡らないので冷えを感じ
上半身では下半身の分まで陽気が上に上がるので
熱がこもり のぼせ、動悸、充血など引き起こします。

○ 頭重 や 頭痛 (かなり強く 鋭い痛みのことが多い)
○ 首の横筋 のこり 肩こり (左側に多い)
○ めまい 動悸
○ 身体上部の充血 炎症 化膿 など訴えること

この辺が特徴です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】:関連ページ

【瘀血ってなに? 冷えのぼせが特徴】
『瘀血って何 守備範囲の広い瘀血』   漢方のサイトを見ているとよく 『瘀血』という言葉が出てくると思います。 今回から瘀血について説明をしていきたいと思います。 女性には月経という『血』に対する生理現象があっ […]
『食と子宮内膜症について調べた研究報告』
食と子宮内膜症について調べた研究報告 これまで子宮内膜症と食生活や栄養との関連についての研究が多く行われています。 ◎野菜や果物をたくさん食べ、肉は食べ過ぎないイタリアのミラノ大学研究では、504名の子宮内膜症の女性患者 […]
『男性不妊用のサプリメントって効果ってあるの?』
男性不妊  もっとも多い原因が 『精子がちゃんと作られていない』事なのですが 実はその原因として一番多いのが 「原因不明」なんです。 要するに これっという原因が見当たらない 原因がないので、医院としても処置がないんです […]
【習慣性流産の漢方的ケア その1】
【習慣性流産の漢方的ケア その1】 東洋医学の世界では 実は流産も 「小さなお産」と 捉えます。  だから流産した後も産後と同じように 体のケアが必要と捉えています。 実際に流産後の身体は 産後の身体と同じように 体のエ […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その2 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その2 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 は東洋医学的に捉えると 痰湿という状態 いわゆる 体の中の 処理されない 老廃物 が悪さをすると考えます。 現在の日本の食事は肉や油が本 […]
【実際のデータから見る 年齢と妊娠の関係】
年齢 染色体異常発生率 ダウン症児の発生率 25歳 476分の1 1250人に1人 35歳 192分の1 385人に1人 40歳 66分の1 106人に1人 上の表は 年齢別  染色体異常 発生率  と ダウン症児の発生 […]
【胎児の生命活動を支えているのはお母さんの血液】
人間は生物であり動物です。生命の流れは母系です。だから、 お母さんの意識を変えていただきたいのです。 生物学的には、受胎した瞬間に命が発生します。 (命の発生するメカニズムはまだ解明されていません) 通常、妊娠が確信され […]
【血液は流す事よりも作る事が基本】
こんにちは 漢方相談 タカキ薬局 薬剤師高木太輔です。 毎日 ひとりひとり丁寧にをもっとうにご相談に応じさせて いただいております。   漢方の基本は自ら治す力を高めてあげる事 正しい方法で取りくめば 必ず答え […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/4658/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください