漢方相談 タカキ薬局

【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】

【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】
瘀血(オケツ)はどんな状態で現れるのでしょうか?
結構 特徴的な症状で出てくることが多いです
ちょっとまとめてみました。
1 全身に現れる瘀血
瘀血でいう全身の症状に 冷え性がありますが
特徴として 左 紫 静脈 鬱血 治りにくい 訳がわからない
ということがあります。
まず色々な症状が 身体の左側に強く出やすい
皮膚・粘膜などが紫がかったり 紫色の斑点が出ます。
体の色々なところの静脈系に鬱血が現れたり
内出血を起こしやすくなります。
何をやってもどうしてもよくならない
そんな時は瘀血を疑いますが

冷えのぼせ  この症状が出ると 瘀血があると
考えます。
漢方では 体の中は 気 血 水 が巡って成り立っていますが
重さが  血→ 水 →気の状態で軽いので 血が滞ると気が
上に昇って降りてくれなくなります。
下半身に陽気が巡らないので冷えを感じ
上半身では下半身の分まで陽気が上に上がるので
熱がこもり のぼせ、動悸、充血など引き起こします。
○ 頭重 や 頭痛 (かなり強く 鋭い痛みのことが多い)
○ 首の横筋 のこり 肩こり (左側に多い)
○ めまい 動悸
○ 身体上部の充血 炎症 化膿 など訴えること
この辺が特徴です。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG