【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【流産後の妊娠までの間隔】

今回は流産についてのご質問を受けます。

『流産後の妊娠までの間隔』についてです。

イギリスの著名な医学雑誌にエビデンスがありました

『流産後の妊娠までの間隔』

初めての流産の後、次の妊娠までそれほど時間が
かからないという事
が、イギリスで実施された
試験で明らかになりました。

イギリスのアバディーン大学の研究チームは、
1981年から2000年の間にスコットランドの病院で
初めての流産を経験した30,937名の女性を対象に
、流産後次の妊娠までの期間と妊娠や出産に際するリスク
との関連を調べました。

その結果、流産後6ヶ月以内に妊娠した女性は、

6ヶ月~12ヶ月の間隔をあけて妊娠した女性に比べて、

再び流産したり、
子宮外妊娠の割合が低く、
帝王切開や早産、
低出生体重児に
なりにくいことが分かりました。


このことから、はじめての流産後は、
次の妊娠まで、それほど長く間隔をあける必要がないと
結論付けています。

WHO(世界保健機構)は、初回の流産の後は
6ヶ月以上の間隔をあけるように推奨しているようですが、
今回の大規模な調査で、見直すように提言しています。

自分たち夫婦が妊娠した時も実はそうでした。
一度流産をしたのですが、
その後妊娠までに半年かからずに
今の子供を授かりました。

流産に打ちひしがれている方の
希望になれば嬉しいです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【流産後の妊娠までの間隔】:関連ページ

【習慣性流産の漢方的ケア その1】
【習慣性流産の漢方的ケア その1】 東洋医学の世界では 実は流産も 「小さなお産」と 捉えます。  だから流産した後も産後と同じように 体のケアが必要と捉えています。 実際に流産後の身体は 産後の身体と同じように 体のエ […]
【女性は35 歳以上になると、妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。】
女性は35 歳以上になると、妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。   これは、加齢による卵の染色体異常や受精後の胚発育の悪化により 起こると考えられています。 女性の卵巣内にある卵子は生まれる前に作られ、 […]
【流産の種類について】
「流産の種類について」 と言う内容のご相談をよくされます。 今日は流産について書かせて頂きます。   流産と聞くと、とにかく悲しい気持ちになりますが、全妊婦さんの8%~15%が流産を経験するといわれています。 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/5029/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください