【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【怒りとイライラを仕分けするとココロにゆとりができる】

怒りやイライラの

マネージメントをどうするか?

 

昨日はまず書き留めてみる

という事をお伝えしましたが

集めたら次は

ちょっとココロが

落ち着いた時に仕分けを

してみるといいでしょう。

 

仕分けるのは4つのパターン

 

コントロールできて

重要な事

 

例えば、

仕事で報告をしない人に注意をする

挨拶ができない人に注意をする

 

いますぐ、行動できる事

変化が分かり易い事

 

次に

重要ではないが

コントロールできる事

 

台所に洗い物がある

部屋をきれいにする

 

これを余力がある時にすればいい事

そして自分自身の行動で状況が変わる事

 

 

次に

重要だけど変えられrない事

 

相手からクレームが入る

電車が遅れる

 

受け身の場合が多いですね

ただそれを放っておくと

自分や誰かの不利益になる事

 

この場合は受け入れて

今できる行動を探す

 

最後に

重要でなく変えられない事

 

満員電車

パートナーの小言

 

これは掘っておく事

 

時間は有限、1日で使えるエネルギーも

これをする事で自分のイライラの傾向が

読めてきます。

 

もし、これ重要かどうか迷ったら

コントロールできるかできないか

迷ったら、重要でないに、コントロールできないに
仕分けしておいてください。

 

ほとんどそれで間違いがないはずです。

 

ただ、人はそれぞれ

思考のパターンがあります

次回はそのパターンの説明です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【怒りとイライラを仕分けするとココロにゆとりができる】:関連ページ

【原因不明の不妊から46歳で妊娠】
【原因不明の不妊から46歳で妊娠】 【原因不明の不妊から46歳で妊娠】 英ウィメンズクリニック の山口先生から報告がありました。 46歳の女性、36歳で結婚され、40歳から不妊治療を 始めました。 検査で異常はありません […]
【漢方の腎について】
妊娠しやすさを漢方的に捉えた時ポイントになるのが『腎』と言う考え方です   漢方では女性の卵巣機能やホルモンバランスをつかさどっている仕組みを 『腎』と呼んでいます しかし『腎』の働きが弱ったり何らかの問題が怒 […]
【基礎体温をチェックする3つのポイント】
短かに自身の体調を知る術として 基礎体温表があります。 ここで基礎体温表をチェックする3つのポイントを ご説明します。 1 周期は安定しているか?   周期は個人差がありますが、28日〜35日   ぐらいが一般的です。 […]
情報は『へえ そうなんだ。。。』で受け止めておく】
【情報は『へえ そうなんだ。。。』で受け止めておく】   最近、また妊娠報告が 増えています。   年に何回かはそう言う時期が ありますが、不思議なことに 1件 報告があると また1件 また1件 と繋 […]
【精子の悪化を防ぐのは日頃の意識から】
◎年齢の影響は女性だけではない 男性も高齢になると、 精子の質が低下し、 治療成績にも影響が出ることがわかりました。 そして40歳を超えると顕著になります。 喫煙や多量の飲酒、ストレス、肥満、食生活、 不規則な生活、激し […]
『男性の年齢と精子DNA損傷の関係』
さて今回は患者様から良く質問がある『男性の年齢と精子DNA損傷の関係』についてです。     『男性の年齢と精子DNA損傷の関係』   男性の年齢が高くなるほど、個人差が大きいものの精液中に損傷した […]
【特に原因が見つからない機能性不妊は漢方がオススメ】
【特に原因が見つからない機能性不妊は漢方がオススメ】   不妊検査の結果、どこにも異常がないのに 妊娠しないケースを『機能性不妊』といいます。   西洋医学では問題がなくても 漢方の視点で見ると 卵巣 […]
【アンカーコントロール 怒りを最小限に】
【アンカーコントロール 怒りを最小限に】   誰しも人間だから 怒る事、イラッとする事 日々いろんなことがあります。   僕の記憶だと 人間は1日に80000万回 なんらかしら思考するそうで &nbs […]
『排卵期以外でも性交することで妊娠に有利になる』
カウンセリングしていると よく質問いただくのが 夫婦生活のタイミングの取り方   普通は排卵の時に関係を持つと 考えるのが普通ですが 『排卵期以外でも性交することで妊娠に有利になる』 事がわかりました。 実は性交回数を増 […]
【遠くへ行こうとする者は馬をいたわる】
【遠くへ行こうとする者は馬をいたわる】 ラシーヌ 1639~1699 フランスの悲劇詩人の 言葉です。 とてもわかり易い言葉ですね。 どうすれば目標を達成することができるのかを 気持ちも大事ですが、それだけではダメですよ […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/5176/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください