【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【移植後の夫婦関係を持つべきか? 持たざるべきか?】

【移植後の夫婦関係を持つべきか? 持たざるべきか?】

妊娠する力に最も影響を及ぼすのは「女性の年齢」

その次が「性交回数」であるとして、これはアメリカの生殖医学会が論文に

提示している事です。

 

極端な事を言いますと

『毎日性交することで周期あたりの妊娠率が最も高くなる』

という事です

タイミングよく性交渉が妊娠率を上昇する以外にも

妊娠率が高くなる理由は他にあります。

 

『精液は着床環境を免疫的に整えるスイッチをオンにする』

 

簡単にいうと

精子が女性の体に入ると、異物として免疫が

働いて、攻撃してしまうという事がありますが

 

その免疫機能を正常にする

つまり精子を攻撃しなくなるという事です。

 

オーストラリアとスペイン

の体外受精の移植日前後の性交と妊娠率

を調べた研究がありまして、

 

アデレード大学の研究グループが

体外受精1343個の胚移植で

移植時期に性交渉をした人としない人で

結果を比較しました。

 

その結果 移植時期に性交があった方が

妊娠に至った率が高いことがわかりました。

 

また他に2,204名での調査では、性交があった、もしくは、

精液を注入したカップルのほうが妊娠の確率が23%高かった

ことがわかりました。

 

移植直後の性交は子宮の収縮を招き、着床の障害になったり、

感染の原因になったりする可能性があることから、

移植後の性交は控えたほうがよいという考え方があります。

ところが、その一方で、射精された精液が子宮や卵管などの女性の

生殖器官に触れることで、女性側の着床環境が免疫的に整うことが

動物実験でわかっています。

 

そもそも、女性にとって受精卵は「異物」であり、本来は免疫機能が働き、

排除されるのですが、妊娠時には、不思議なことに「異物」を排除しないで、

受け入れるように免疫が働きます。

 

そして、そのスイッチをオンにする役割が精液にある

動物に対して実験結果はあったのですが

 

人間においても、精液は女性の生殖器官で着床に有利な免疫的働きを促す

スイッチをオンにするのかもしれません。

 

文献:

1)Hum Reprod. 2000; 15: 2653⇒  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11098040/

2)Hum Reprod Update. 2015; 21: 275⇒  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25281684/

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【移植後の夫婦関係を持つべきか? 持たざるべきか?】:関連ページ

【 人間と猿だけ 生理があるのは・・・・】
【 人間と猿だけ 生理があるのは・・・・】   人間と猿だけなのだそうです。 後一部のコウモリ   生理があるのは 素朴な驚きですね そういえば、牛や馬や豚が 生理があるイメージはないですね これって […]
【流産後の妊娠までの間隔】
今回は流産についてのご質問を受けます。 『流産後の妊娠までの間隔』についてです。 イギリスの著名な医学雑誌にエビデンスがありました 『流産後の妊娠までの間隔』 初めての流産の後、次の妊娠までそれほど時間が かからないとい […]
【赤いパンツで冷え性解消!? チャクラを温めよう】
【赤いパンツで冷え性解消!? チャクラを温めよう】   数ある色の中でも 赤い色 は強い力を持つ色です   赤い色 のものを身につけたり飾ったりするだけで なんとなく元気になる人が多いでしょう   そ […]
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】 瘀血(オケツ)はどんな状態で現れるのでしょうか? 結構 特徴的な症状で出てくることが多いです ちょっとまとめてみました。 1 全身に現れる瘀血 瘀血でいう全身の症状に 冷え性がありますが […]
【瘀血ってなに? 冷えのぼせが特徴】
『瘀血って何 守備範囲の広い瘀血』   漢方のサイトを見ているとよく 『瘀血』という言葉が出てくると思います。 今回から瘀血について説明をしていきたいと思います。 女性には月経という『血』に対する生理現象があっ […]
『食と子宮内膜症について調べた研究報告』
食と子宮内膜症について調べた研究報告 これまで子宮内膜症と食生活や栄養との関連についての研究が多く行われています。 ◎野菜や果物をたくさん食べ、肉は食べ過ぎないイタリアのミラノ大学研究では、504名の子宮内膜症の女性患者 […]
『男性不妊用のサプリメントって効果ってあるの?』
男性不妊  もっとも多い原因が 『精子がちゃんと作られていない』事なのですが 実はその原因として一番多いのが 「原因不明」なんです。 要するに これっという原因が見当たらない 原因がないので、医院としても処置がないんです […]
【習慣性流産の漢方的ケア その1】
【習慣性流産の漢方的ケア その1】 東洋医学の世界では 実は流産も 「小さなお産」と 捉えます。  だから流産した後も産後と同じように 体のケアが必要と捉えています。 実際に流産後の身体は 産後の身体と同じように 体のエ […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/5450/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください