NO IMAGE

【不妊症の漢方療法 その①】

 
【不妊症の漢方療法 その①】
 
イチゲン漢報 という 漢方業界で
配られている新聞がありまして
そこに
DSCN2179
 
「不妊症の漢方療法」
という漢方による不妊症のアプローチが
特集されていました。
非常にコンパクトにまとまっているので
今回ご紹介していきたいと思います。
 
「漢方の特徴的な理念である整体性の
観点に拠れば、母体全体で懐妊し
胎児を育む事となるので
こと女性生殖器の問題ではなく
全般的な女性としての体調管理が
重要である。」
 
いきなり 難しい言葉が並んでいますが
ようするに
 
漢方は 整体性・・・・
全体をえる事ができ
 resize
子宮や卵巣 だけを元気にしても
母体である体全体が元気にしなくては
妊娠しやすい体にはならない
 
その為には 元気で健全な体調でなくては
いけない 
体全体を考えるのに漢方は有効でなると
ということです。
 
「隋症治療に基づく適切な漢方方剤の
服用と同時に、ライフスタイルの是正が
必須となる。」
 
隋症治療とは 不妊症も
症状は人それぞれ違うという事
 
例えば冷え性で妊娠しにく人もいれば
体が火照って 妊娠しくいく人もいる
という事です。
 
漢方 を使うとともに ライフスタイル
によって 症状が悪化している方も
多いので、同時に直していかなければ
というが必要だという事です。
a4e0db340a22a2e02bf022e105c0c557_300_200
「また、従来の漢方遺書には記載が無いが
西洋近代医学的知見に基づいて
高プロラクチン血症に 芍薬甘草湯
自己免疫抗体陽性不育症に 柴苓湯
の応用が報告されている。」
 
漢方はこの病気だからこの漢方を使う
って考えではなく、この体質でこの症状が
出ている人に この漢方 
 
例えば 血が不足して冷えがある方に
当帰芍薬散 という感じで
同じ病名でも 違う漢方をお出しする事が
ありますが
 
高プロラクチン血症 
 
や 自己免疫抗体陽性 不育症 には
 
漢方理論から離れますが
 
芍薬甘草湯 と 柴苓湯 は
病名によって処方が判断される
ものになります。
 
続く
 
 
さて、さて、子宝相談をご希望の方は
 
0564-26-1717
 
(朝9:00~夜8:00まで)
 
お気軽にどうぞ
 
メールでも受け付けています。
 
 
 
すべての子供を望むカップル、女性に赤ちゃんが訪れますように。
 
そして今お腹の中で成長している命が今幸せであるように。
 
誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ健やかに育ちますように。
 
心から願っております。
 
 
不妊治療に不安な方お電話ください。
 
病院の紹介も行っております。
 
タカキ薬局へのお電話は
 
電話0564-26-1717
 
 
住所 愛知県岡崎市松本町1-79
 
名鉄バス 能見町バス停 から徒歩2分
 
【子宝カウンセラーの会会員店】【不妊カウンセリング学会会員】

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG