【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【不妊症の血液検査 その2】

【不妊症の血液検査 その2】

今回は不妊症の検査結果の見方

第二弾です。

当店にお越しになられる方

「血液検査について詳しく説明を受けていない」

と言われる方が結構多いです。

あの病院の空気の中では「教えて」とはいえないんでしょうね

ぜひ、ご自身の検査票を出してきて見比べてみてください

574d105f58dbfccf319583526fc691b0

 

■E2(エストラジオール)
性ステロイドで一般的に女性ホルモン卵胞ホルモンと呼ばれるものです。

エストロゲンとも呼ばれ女性らしい体を作るホルモンです。

正常値を下回っても上回っても卵巣機能が低下している可能性があります。

卵胞の発育に合わせて上昇していきます。

時期を問わずE2値が30pgmL 以上であれば卵巣が機能していると判断されます。

E2の正常値は

卵胞期で13~70mIU/mL

排卵期で70~240mIU/mL

黄体期で70~160mIU/mL

閉経期で10以下mIU/mLです。

閉経後は極端に下がってしまいます。

■P4(プロゲステロン)


プロゲステロン黄体ホルモンとも呼ばれ卵胞から分泌されるホルモンです。

プロゲステロン子宮内膜を厚くして着床する準備をします。

黄体機能不全を診断の基準の一つです。

排卵後5~7日目に10ngmL 以下であれば黄体機能不全と診断さることがあります。

 

アメリカでは肌に塗るクリームがアンチエイジングによいとして発売されていますが、

科学的根拠は乏しいようです。

P4の値が低いと着床不全や流産の原因となり不妊の原因ともなります。

P4の正常値は

卵胞期で1以下mIU/mL

排卵期で1以下mIU/mL

黄体期で5~30mIU/mL

閉経期で1以下mIU/mLです。

img01

前回も含めて この5つのホルモンが

不妊症にかかわる基準になります。

まとめです。

LHの基準値
卵胞期 1.8~7. mIU/mL
排卵期 5.6~34. mIU/mL
黄体期 1.0~7. mIU/mL
閉経期 6.7~38. mIU/mL

FSHの基準値
卵胞期 5.2~14. mIU/mL
排卵期 5.6~14. mIU/mL
黄体期 2.0~8. mIU/mL
閉経期 26.2~113. mIU/mL

E2の基準値
卵胞期 13~70 pg/mL
排卵期 70~240 pg/mL
黄体期 70~160 pg/mL
閉経期 10以下 pg/mL

・プロゲステロンの基準値
卵胞期 1以下 ng/mL
排卵期 1以下 ng/mL
黄体期 5~30 ng/mL
閉経期 1以下 ng/mL

 

■LHFSHの数値
LH
FSHの数値を見ることによってある程度
病気を見分けることができます。

LH 値が高 FSH 値が正常値
 PCOS (多囊胞性卵巣症候群Polycystic ovary syndromePCOS)が疑い

LH 値が低 FSH 値が低
 視床下部不全型.第1度無月経,高プロラクチン血症,体重減少性無月経が疑い

LH 値が非常に低 FSH 値が非常に低
 heehan 症候群,プロラクチノーマなどの下垂体腫瘍,ゴナドトロピン欠損症や体重減少性無月経疑い

LH 値が高 FSH 値が高
 卵巣性の排卵障害、早発閉経、卵巣予備能の低下が疑い

 

さて、子宝セミナーのご案内です

来年の1月19日(火) 岡崎総合図書館リブラにて

子宝セミナーを行います。

【病院では教えてくれない

潜在意識を味方に付けて妊娠力をアップするセミナー】

120804_102657_convert_20120808163319

 

生理が来る度に落ち込みひきずる

お友達が妊娠した事を素直に祝えない自分が嫌。

自分がママになれるなんて思えない

明るく明るくと思ってもどうしても塞いでしまう

 

そんな事で苦しんでいる方ちょっと考え方を変えて

潜在意識を仕組みを少し理解するだけで

明るく妊活に取り組めるようになります。

 

米国で「心・意識」について学んだことをカウンセリングに生かして

1500人以上の不妊相談の実績がある

坂駄みすず先生が長野で実際にお店で開催していた

セミナーを岡崎で開いていただきます。

メディカルルームで講演1

 

セミナーに参加すると

生理が来て落ち込んでも、気持ちの切り替えが上手になる。

お友達の妊娠を心からお祝いできる気持ちになる。

「私はママになれる」と信じられるようになれるようになりますよ。

お申し込み方法は 下記にございますので

ご参照ください

 

定員35名(すでに15名参加希望ありお早めに)

参加費 2000円 (今年中にお申し込みの方は1000円になります。)

お申し込み方法 タカキ薬局にお電話

0564-26-1717

(月~土 9:00~20:00)

もしくはメールにて お名前と参加人数 連絡先をお知らせください。

坂駄みすず 先生 のご紹介

子宝カウンセラーの会講師時写真

しあわせカウンセラー 登録販売者 不妊カウンセラー

自分の子供が登校拒否になったことをきっかけに、「こころ」について学ぶ。

自らの人生を通して潜在意識を探求する自己開発プログラムに6回渡米する。

アダルトチェルドレン・インナーチャイルド、など、幼少時代の心の傷(トラウマ)

が大人になってからの行動パターンを作ることを確信する。

今、起きている悩みがどこから来ているのかを、心に寄り添いながら一緒に探し、

癒し、行動パターン、思考パターンをを変えていくカウンセリングを行っている。

イメージトレーニングも取り入れている不妊カウンセリングは、100人以上の

妊娠例を持っています。

1500人以上のカウンセリングの実績を持ち、

しあわせな人生を送ることをサポートする「しあわせカウンセラー」として

講演・カウンセリングを行っている。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【不妊症の血液検査 その2】:関連ページ

『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について 内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や 排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合 また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得た […]
【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【新型出生前診断についての解説その1】
【新型出生前診断についての解説その1】 少し前に 話題になった 「新型出生前診断」 全国でも受けられる方が増えているようです。 特に38歳以上の方は論文でも 有意差が確認されていて、特に時間のない妊婦さんは受けられる方が […]
【AMHが低いと言われても・・・・】
こんにちは タカキ薬局 高木です。 上の 数値は 40歳で 当店に通われるあるお客様の 検査数値です。   見ていただきたいのは AMHの値ですね。 4月21日 が 0.65 7月6日 が  2.93 &nbs […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】  5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で 90分みっち […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】 5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で […]
【排卵は毎月来なくても大丈夫 40代の方の妊活講座】
患者さんから 「今月は採卵をしません」 とがっくりした様子で告げられることがあります。 体内に残っている卵細胞の数の指標になるAMHの値が 低いことを気にかける方は多いですが、四十代の方に卵子の 老化していると言うのは、 […]
【最新の治療法 オーグメント療法(ミトコンドリア移植)について】
最新の治療法「オーグメント療法(ミトコンドリア移植)」 について 当店で不妊症の講演をしていただいている 山口先生より 最近ミトコンドリア移植 療法についてのお問合せが多いという 話がありました。 今回は オーグメント療 […]
【病院の治療薬の解説 クロミッド クロミフェン】
【クロミフェン:クロミッド】 今回は 病院で出ている治療薬の解説です。 性腺刺激ホルモン (黄体化ホルモンLH:luteinizing hormoneと卵胞刺激ホルモンFSH:follicle stimulating h […]
【不妊治療病院選びのコツ】
「不妊治療病院選びのコツ」 よく 「どこの病院にかかったらいいのか わからない?」 そんなご質問を受ける事があります。 病院を選ぶと言っても何を基準にしたらよいのか? 病院の善し悪しってどういう風に判断すればよいのか? […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/983/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です