漢方相談 タカキ薬局

『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その4』

『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その4』

炎症を抑えたら妊娠できた症例を2つ紹介します。
一つ目は 36歳の方で、1月の初診では
不妊とアトピーのご相談でした。 4月に検診で
子宮頸癌の疑いがあると言われました。
東洋医学にはアトピーと子宮頸癌は痰湿で関連があります。
 
子供の頃からアトピーは難しいですが、妊娠中は体が元気に
なるので妊婦でアトピーを持っている人はあまりいません
アトピーの症状を軽くしてから妊娠するという目標を立てて
解毒コースを行いました。 7月に子宮頸癌検査を再度行ったら
細胞がかなり良くなっていました。 アトピーも改善して
5ヶ月後には自然妊娠されました。
 
二つ目は41歳の着床障害の症例です。
染色体検査をしているのに繰り返し流産されます。
自然流産もあり、いい卵子が10個もあるのに
移植を5回行っても陽性反応は1回だけでした。
この方は蓄膿症があり、生理前と花粉症の頭痛も
あります。 3ヶ月 解毒コースをしたところ
移植がうまくいき妊娠されました。

不妊の原因の最新記事8件

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG