漢方相談 タカキ薬局

【腹帯の意味】
妊娠して5月目の戌の日に幕帯を『腹帯』と言います。
『岩の様に丈夫な子を産み育てる』という意味から
『岩田帯』とか『斎肌帯』とも言われています。

もともとあまり動く必要のない女性のためだったと
されていて その昔 農作業をする女性たちは
前かけ程度の布でお腹を支えていた様です。
 
腹帯をすると『お腹が冷えない』
『胎児が育ちすぎない』と言われていましたが
実は近年別の側面から注目を集めています。
 
それは妊婦を精神的に落ち着かせ、出産への
自覚を促すこと そして胎児の霊魂を安定させるという
心理的 精神的にも有効なのです。
 
腹帯は神様から大切な子宝を授かったことに感謝し
神社に安産を祈願していただくもの
『帯祝』『着帯の祝い』などとも言われ
人生儀式の第一歩とされています。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG