漢方相談 タカキ薬局

【1年以上妊娠しない場合に考えられる事】

【1年以上妊娠しない場合に考えられる事】

まず卵管の検査をしたり精液検査を行います。

それで問題が無い場合考えられる事

1年以上妊娠しない場合の前提は

2日に1回の夫婦生活があっても
妊娠しない場合を言います。

1. 卵管が通っていない
2. 精子が少ない又は運動していない
つまり卵子までたどり着けない
3. 排卵していない(一年の間にBBTで予想確認出来る)
4. 卵胞が育っていない

ここまでは通院1ヶ月で分かります。クラミジアやカンジダは血液検査です。
その上で子宮内膜育っているか子宮内ポリープは無いかの検査です。

以上に問題が無い時
自然妊娠が可能なので1年間(人工授精も含めて)猶予があります。
女性が35歳以上の場合は短くなります。

言い方を変えるとこれらに問題が無い(前提)にも関わらず
1年妊娠しない場合不妊症であると言うのが定義です。

その上で 精子と卵子が出会っていないのか?
出会っても受精出来ないのか?
の疑問によって体外受精が行われます。

受精すれば 出会っていなかったのか? など疑問が解決しますが
体外受精をしないと検査ではわかりません。
時々ART行うのは検査を伴うという言い回しを使うのはこのためです。

不妊の原因の最新記事8件

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG