漢方相談 タカキ薬局

『排卵期以外でも性交することで妊娠に有利になる』

カウンセリングしていると
よく質問いただくのが
夫婦生活のタイミングの取り方
 

普通は排卵の時に関係を持つと
考えるのが普通ですが

『排卵期以外でも性交することで妊娠に有利になる』

事がわかりました。

実は性交回数を増やすことで
免疫システムが妊娠に

有利に働くというのです。

 

アメリカのインディアナ大学の

研究によると

30名の健康な女性に

月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の

唾液を調べ、

エストロゲン、プロゲステロン、
ヘルパーT細胞(Th1、Th2)が放出する

サイトカイン(IFN-γ、IL-4)を測定

それぞれの関係を調べました。

その結果、性交のあった女性では、

黄体期に妊娠に有利に働くサイトカインが

優勢でしたが、性交のなかった女性

ではみられませんでした。

精子や胚、胎児は女性の身体にとっては「異物」
普通、免疫システムは、それらを排除しようと

するため、妊娠、出産することの障害になります。

矛盾があるわけです。

ただ、精子を子宮の入り口で排除していた
頚管粘液の質が排卵が近づくと変化し、

精子を受け入れるようになったり、
体外受精の採卵や胚移植の前後に性交することで

射出された精液が女性の免疫システムが

胚を攻撃しないように働いたり、

妊娠すると女性の免疫システムが変化し、胎児を

守るように働くようになったりすることが知られていました。
 

また、排卵期以外の性交回数が多いカップルほど

妊娠しやすいという結果も出ていて
性行為をたくさんの回数行うことによって、

タイミングだけでなく、免疫システムが妊娠を

サポートしてくれるというのです。

このことは自然妊娠だけでなく、人工授精や体外受精、
顕微授精の治療周期でも同じことが言えるはずです。

 

人工授精でも、体外受精でも、顕微授精でも、

たくさん、性交したほうが
妊娠に有利になるということになります。
 

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG