漢方相談 タカキ薬局

『不妊症の一般的な検査 ②血中ホルモン検査でどんなことがわかる?』

『不妊症の一般的な検査 ②血中ホルモン検査でどんなことがわかる?』

不妊治療において重要な意味を持つのが血中ホルモン検査です。

排卵や妊娠の成立・維持に影響を持つホルモンが、正常に分泌されているかどうかを調べます。

女性のからだは、脳からの指令をホルモンが卵巣や子宮に伝え妊娠の準備をします。

ホルモンの分泌が正常であれば卵巣や子宮も正常に機能しますが、
ホルモンの分泌に問題があると排卵や受精卵の着床に障害が起こり
不妊の原因になります。

妊娠に関わるホルモンは、月経周期に応じてダイナミックに変化しますので、
測定時期によって大きく値が異なります。

ですので検査は月経期と黄体期の2回行います。

なお、排卵日を予測するときなどは
尿からホルモン値を測定することもあります。

下図に具体的なホルモンの種類と検査でわかることをまとめていますので、
ご参考にしてください。

不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群、黄体機能不全なども、
これらの検査でわかります。

皆さん、これらの数値については
苦手みたいです

自分も理解するのにすごく
時間がかかりました。

ご来店の際はわかりやすく
ご説明させていただきますね。

不妊の原因の最新記事8件

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG