漢方相談 タカキ薬局

『不妊症の一般的な検査 ⑤子宮鏡検査について』

『不妊症の一般的な検査 ⑤子宮鏡検査について』

受精卵が着床する子宮内腔の状態をカメラで子宮・卵管の

状態を調べる検査です。

子宮鏡(ヒステロファイバースコープ)は胃カメラと同じで、
子宮鏡の先端は光ファイバーでカメラとつながっていてこれによって
子宮内部の様子がモニターに詳しく映し出され観察します。

実際の検査では、軟らかく細いファイバースコープを
子宮口から挿入し、子宮頚管を通して子宮内腔まで進めます。

当院で使用しているヒステロファイバースコープは直径が3mmと細いものです。

したがってあまり苦痛を伴わず、検査は通常数分で済みます。
月経終了後から排卵までの低温相の時期(月経周期7日目から12日目の間)に行います。

子宮粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮形態異常のほか、
子宮内腔癒着などもこの検査でわかります。

また、この検査では、卵管への入り口である
卵管子宮口を観察することができます。

卵管子宮口はまさに卵管の一部ですので、この部分の観察はとても重要です。
ここに、閉塞、狭窄、癒着、変形などがある場合には、卵管の異常と診断されます。

参考にして頂けたら幸いです。

不妊の原因の最新記事8件

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG