【卵丘細胞が薄いと言われましたが 卵丘細胞って何?】

お客様から【卵丘細胞】が薄い とドクターから言われた
 
【卵丘細胞】って何ですか?
という質問を受けました。
 
中々、ドクターに聞きたくても
ひとつ、ひとつ聞いていく事ってできないですよね。
 
はなはだ簡単ですが、ご説明させて
いただきますね。
15092901
僕の書いた絵ですが
真ん中にあるのが卵母細胞っていって
一般に卵子と呼ばれている物で
 
卵丘細胞はその卵子を取り囲む細胞です。
 
中身は
ヒアルロン酸という保水作用の高い物質
(肌のみずみずしさを保ったり、膝関節が痛い
時に使うアレです。)
 
卵丘細胞の役割は主に3つ
1.卵丘細胞は卵子が傷つかないように
  守る。
 
中がヒアルロン酸ですので、保水力を保ち
乾燥や衝撃から守ります。
 
2.卵子と一緒に排卵されます。
  卵子と一緒に排卵され受精して着床するまで
  卵子を守ります。
 
まるで、王様のお世話をするお世話係の様です。
 
3.卵子の為にエネルギーを作る
 
卵子はエネルギーを自分自身では作れません。卵丘細胞が
糖分を分解してエネルギー源を生産し、 卵子へと供給しています。
 
 
さらに最近の研究では
免疫力を高める ホルモンや
精子の動きを元気にする ホルモンが
 
この卵母細胞から出ているという報告もあります。
 
今回、ご質問を受けて 僕なりに調べてみたんですが
調べれば調べるほど 大事な細胞である事が分かります。
 
卵子 が立派でも 一人では戦えないという事
社長一人が優秀でも 社員がいなければ
企業として成り立たないのと一緒ですね。
 
ドクターは 薄いといったのは
その辺の事を 危惧したのだと思います。
 
実はこれほど大事な細胞なのに、卵子自体の老化に目がいって
この分野の研究は進んでない との事です。
 
生殖医療が年々 注目されていますので
いずれ、この分野も研究されてくるのだと
思います。
 
 
さて、さて、子宝相談をご希望の方は
 
0564-26-1717
 
(朝9:00~夜8:00まで)
 
お気軽にどうぞ
 
メールでも受け付けています。
 
 
 
 
 
すべての子供を望むカップル、女性に赤ちゃんが訪れますように。
 
そして今お腹の中で成長している命が今幸せであるように。
 
誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ健やかに育ちますように。
 
心から願っております。
 
 
 
不妊治療に不安な方お電話ください。
 
病院の紹介も行っております。
 
タカキ薬局へのお電話は
 
電話0564-26-1717
 
 
住所 愛知県岡崎市松本町1-79
 
名鉄バス 能見町バス停 から徒歩2分
 
【子宝カウンセラーの会会員店】【不妊カウンセリング学会会員】

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG