【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【新型出生前診断についての解説その1】

【新型出生前診断についての解説その1】

少し前に 話題になった 「新型出生前診断」

全国でも受けられる方が増えているようです。 特に38歳以上の方は論文でも

有意差が確認されていて、特に時間のない妊婦さんは受けられる方が多いようです。

タカキ薬局では その話が出た事はありませんが、今回は毎日新聞9月8日の

記事が分かりやすく解説されていたのでご紹介したいと思います。

東京科学環境部編集委員長  河内 敏康氏

妊娠した女性の血漿から、お腹の中にいる胎児がダウン症などの
病気かどうか調べる「新型出生前診断」を受信する妊婦が
急増しています。  国内では、専門家でつくる日本医学会
から 正確な情報提供や診断後に妊婦ら家族を支援する
カウンセリングの体制が整っていると認められた全国の
71病院だけで行われています。 2013年4月の診断開始から
3年間で受診した妊婦は3万人を超えました。

実は愛知県は 7つの病院が認可を受けていますが、その7つの

病院が全て 尾張地区  三河地区には1つもないんですね。

http://www.prenatal-diagnosis.info/clinic/%E4%B8%AD%E9%83%A8.html

出生前診断は胎児に病気や奇形、「生命の設計図」にあたる
遺伝子を含む染色体に異常がないかを調べる検査です。
中でも新型出生前診断は、妊部の血漿に含まれる胎児の遺伝子を
調べる検査です。

検査対象は①ダウン症(23対ある染色体のうち、21番目の染色体
の数が1本多い) ②重い知的障害や奇形などを伴う13トリソミー
(13番目の染色体の数が1本多い)③重度の心疾患などを伴う
18トリソミー(18番目の染色体が一本多い)の3種類です。
ただし、検査の有効性を調べる着床研究として行われているため
誰でも検査を受けられるわけではありません。

画像引用元 http://ajisaibunko.sblo.jp/article/57001031.html

以前、それを行っている病院でお話を聞く機会がありましたが、結構手続きが

大変で、誰でも簡単には 行かないようです。

受けられるのは、超音波検査で染色体異常の可能性がある
▽過去に染色体異常のある胎児を妊娠した経験を持つ
▽出産時の年齢が35歳以上である  場合に限られています。

新型出生前診断は ダウン症などの染色体異常を早期に高い割合で
検出できるとされていますが、決して100%ではありません。

勘違いしてはいけないのは 100%ではないという事ですね。

羊水検査と合わせて 慎重な判断が求められます。

染色体異常がないのに「異常あり」と診断される人がどうしても
出てくるため、確定診断には胎児のいる子宮から「羊水」を
採取して調べる必要があります。  新型出生前診断を受けた
3万人のうち染色体異常が疑われたのは547人でその後、羊水
検査で異常が確定したのは417人でした。 うち94%の394人が
人工妊娠中絶を選んでいます。

417人のうち 33人の方は 妊娠を継続されているわけで それは相当な覚悟を決めた

選択なんだと思います。また中絶を止む無く選ばれた人の心中やいかばかりか・・・・

 

明日は 新型着床前診断のメリット・デメリットを紹介します。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【新型出生前診断についての解説その1】:関連ページ

『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について 内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や 排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合 また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得た […]
【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【AMHが低いと言われても・・・・】
こんにちは タカキ薬局 高木です。 上の 数値は 40歳で 当店に通われるあるお客様の 検査数値です。   見ていただきたいのは AMHの値ですね。 4月21日 が 0.65 7月6日 が  2.93 &nbs […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】  5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で 90分みっち […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】 5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で […]
【排卵は毎月来なくても大丈夫 40代の方の妊活講座】
患者さんから 「今月は採卵をしません」 とがっくりした様子で告げられることがあります。 体内に残っている卵細胞の数の指標になるAMHの値が 低いことを気にかける方は多いですが、四十代の方に卵子の 老化していると言うのは、 […]
【最新の治療法 オーグメント療法(ミトコンドリア移植)について】
最新の治療法「オーグメント療法(ミトコンドリア移植)」 について 当店で不妊症の講演をしていただいている 山口先生より 最近ミトコンドリア移植 療法についてのお問合せが多いという 話がありました。 今回は オーグメント療 […]
【病院の治療薬の解説 クロミッド クロミフェン】
【クロミフェン:クロミッド】 今回は 病院で出ている治療薬の解説です。 性腺刺激ホルモン (黄体化ホルモンLH:luteinizing hormoneと卵胞刺激ホルモンFSH:follicle stimulating h […]
【不妊治療病院選びのコツ】
「不妊治療病院選びのコツ」 よく 「どこの病院にかかったらいいのか わからない?」 そんなご質問を受ける事があります。 病院を選ぶと言っても何を基準にしたらよいのか? 病院の善し悪しってどういう風に判断すればよいのか? […]
【不妊治療に関わる検査ってどんな検査がありますか?】
こんにちは 岡崎市で漢方の不妊治療を応援するタカキ薬局 高木タイスケです。   【不妊治療に関わる検査ってどんな検査がありますか?】 色々あります。簡単に言うと卵子を精子が結びつき、子宮に着床するこれが妊娠です […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3037/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です