【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【心の幸せの4つの要素 その① スマホは人を幸せにしたか?】

【心の幸せの4つの要素 その① スマホは人を幸せにしたか?】

こんにちは 漢方相談タカキ薬局 高木タイスケです。

いつもお読みいただき 本当にありがとうございます。(^^♪

先日も初めての人に「ブログ読んでますよ 楽しみにしてます(#^.^#)」

という声をいただきまして日々、これでいいのかな~ と思いながらの投稿ですが、それでも

507回続けられました。  それもこういううれしい声があるからなんですね。(#^.^#)

 

さて、今回は「れいろう」の1月号にある 「心の幸せの4つの要素」のお話です。

ちょっと長くなるので 2~3回に分けてお話させていただきますね。

今回は プレム・ラワット氏 の対談についてです。

人間が幸せに生きるための本質は、時を経ても変わりません。 一方、この50年の間に

人々のライフスタイルは劇的に変化しました。  このホテルの前を行きかう人たちを

観察してみてください。  誰もが当たり前のようにイヤフォンをし、スマートフォンの

画面をみつめながら、誰かと話をしたり、ジェスチャーをしています。  50年前

道路でそんな事をする人は一人もいませんでした。  もし当時の人がこの光景をみたら

なんてクレイジーなんだ!? と思うでしょうね。

確かにそうですよね 僕もこの冬 子供を名古屋の催事場に連れて行ったのですが、子供を連れた

大人が 待ち時間の間に 子供ではなくスマホに夢中になっている。 それが”普通”になって

いる事に違和感をふと感じた事があります。

 

科学技術の進歩は人間のライフスタイルや価値観を変えます。 ついこの間まで、誰もがスマートフォン

など必要とせずに暮らしていたのに、今や片時も離せないという人ばかり、スマートフォンは確かに

便利です。  けれど現代人の多くは、深く考えもしないまま、それを持ちさえすれば幸せになれる

と思い込んでいないでしょうか。

今、世界は日々、たくさんの情報であふれています。  情報はどれだけ頭に詰め込んだとしても、

それだけでは役に立ちません。   情報化社会になって、世の中の問題は解決されるどころか

ますます複雑になっていますよね。  言葉や情報は時に有益ですが心と体を忘れてはならないのです。

Young Man and a Young Boy (6-7) Looking at Each Other Laughing — Image by © Royalty-Free/Corbis

便利になる事 日々 日進月歩で新しい技術は産み出されます。  スマートフォンなどはその一つの

顕著な例かもしれません。   でもそれで便利になったとしても はたして 「幸せ」になったのでしょうか?

携帯やスマホがなかった時代なら、 その分子供や妻との会話に時間がついやせたでしょう。

余分な情報に僕らは振り回されていないでしょうか?

技術や情報があっても またどれだけお金があっても実現できません。 そこに必要なのは「体の健康」であり

「心の幸福」です。  にもかかわらず、人は健康を投げ捨ててまで働き、得たお金で病院の治療代を払い続け

ています。 人は生きがいを求めながら、他人と比較ばかりして、自分らしさを犠牲にし、幸福になる為の

セミナーを受け続けています。 アインシュタインはこういいました。 

「同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という」と どんなものごとも自分がまいた

種から始まります。 私たちはもっと自分のことを理解しなければなりませんし、心の内なる声に耳を傾ける

必要があるのです。

言われてみて、本当にドキッとする言葉です。 ああ~ 自分の事を言われていると感じた方も多いのでは?

僕もそうです。  でも、昔に戻るわけにはいきませんし、今更 スマホなしの生活に戻る人も少ないと思いますが

この現代で生きる上での 幸せに基準とは・・・   明日に続きます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【心の幸せの4つの要素 その① スマホは人を幸せにしたか?】:関連ページ

【命のつながりを感じる】
親は子に 自分の親の思いで つまり子供にとっての祖父母のことを 話してみましょう。 祖父母が健在であれば、ふれあう機会を持つ事も 大切です。 子供は祖父母の存在を意識することで、祖父母から父母へ 父母から自分へと伝わる命 […]
【終身路を譲るも百歩も枉げず】
【終身路を譲るも百歩も枉げず】   「終身路を譲るも百歩も枉げず」 という言葉があります。  一生涯 人に道を 譲り続けたとしても、余分に歩いた距離の合計は 百歩にもならないということです。 「お先にどうぞ」と […]
『  待つ という教育 』
『  待つ という教育 』 私たちは一つの考え方に縛られやすく 『こうであればいいな』という程度の気持ちも やがては『こうでなければならない』に 変わってしまうことがあります。 そうした考え方が、悩みや挫折の原因になるの […]
【一日一日 丁寧に生きる】
私たちは日々、さまざまに心を はたらかえながら生きています。 毎日の生活は平凡なようでも、そこでの 私たちの心は常に同じという事はありません。 例えば、家族が用意してくれた食事を前にした時に 「また、いつものおかずか」と […]
『心の持ち方ひとつで』
『心の持ち方ひとつで』 毎日の生活は同じことの繰り返しのようで あっても自分の受けとめ方によって すっかり変わってしまう場合があります。 今まで『つらいなあ』『いやだなあ』 『つまらないなあ』と思っていたことの中にも 自 […]
『今の自分にできる事から』
ひと言や、温かい笑顔 ちょっとした行いによって 心温まる思いがした   そんな経験はないでしょうか。 毎日の生活の中には、小さな喜びがたくさんあります。 人から何かをしてもらって 『うれしい』『ありがたい』と感じたなら […]
【「なんとかする」と「なんとかなる」の順番】
こんにちは タカキ薬局 高木タイスケです。 いつもお読みいただき ありがとうございます。 「なんとかなる」 「なんとかする」   「な」と「す」 たった一文字の違いですが、 順番があるんです。   「 […]
【心からの「思いやり」】
【心からの「思いやり」】 「思いやりの心」とは「子供を育てる親の心」に通じます。 子供がつらい思いをすれば、親は”代わってあげたい”と思うものです。 こうした優しい気持ちを少しずつ、自分の身内だけでなく よその子供や他人 […]
【心の均衡を取り戻す】
【心の均衡を取り戻す】 ピンと張ったピアノの弦は、その緊張を解こうとする作用から 徐々にゆるみが生じていきます。 人間の心もこれと似ています。 熱心さや克己心は 私たちが困難を乗り越えて成長していくためには 欠かせません […]
【信じることは裏切られること】
「信じる」という事は「裏切られる」事と隣り合わせ 信じるというのは 裏切られる事もあるという事を 理解してはじめて、信じることができる   毎日、少しずつですが 心の勉強をしています。 僕の場合はモラロジー と […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3184/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください