【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【心の幸せの4つの要素 その① スマホは人を幸せにしたか?】

【心の幸せの4つの要素 その① スマホは人を幸せにしたか?】

こんにちは 漢方相談タカキ薬局 高木タイスケです。

いつもお読みいただき 本当にありがとうございます。(^^♪

先日も初めての人に「ブログ読んでますよ 楽しみにしてます(#^.^#)」

という声をいただきまして日々、これでいいのかな~ と思いながらの投稿ですが、それでも

507回続けられました。  それもこういううれしい声があるからなんですね。(#^.^#)

 

さて、今回は「れいろう」の1月号にある 「心の幸せの4つの要素」のお話です。

ちょっと長くなるので 2~3回に分けてお話させていただきますね。

今回は プレム・ラワット氏 の対談についてです。

人間が幸せに生きるための本質は、時を経ても変わりません。 一方、この50年の間に

人々のライフスタイルは劇的に変化しました。  このホテルの前を行きかう人たちを

観察してみてください。  誰もが当たり前のようにイヤフォンをし、スマートフォンの

画面をみつめながら、誰かと話をしたり、ジェスチャーをしています。  50年前

道路でそんな事をする人は一人もいませんでした。  もし当時の人がこの光景をみたら

なんてクレイジーなんだ!? と思うでしょうね。

確かにそうですよね 僕もこの冬 子供を名古屋の催事場に連れて行ったのですが、子供を連れた

大人が 待ち時間の間に 子供ではなくスマホに夢中になっている。 それが”普通”になって

いる事に違和感をふと感じた事があります。

 

科学技術の進歩は人間のライフスタイルや価値観を変えます。 ついこの間まで、誰もがスマートフォン

など必要とせずに暮らしていたのに、今や片時も離せないという人ばかり、スマートフォンは確かに

便利です。  けれど現代人の多くは、深く考えもしないまま、それを持ちさえすれば幸せになれる

と思い込んでいないでしょうか。

今、世界は日々、たくさんの情報であふれています。  情報はどれだけ頭に詰め込んだとしても、

それだけでは役に立ちません。   情報化社会になって、世の中の問題は解決されるどころか

ますます複雑になっていますよね。  言葉や情報は時に有益ですが心と体を忘れてはならないのです。

Young Man and a Young Boy (6-7) Looking at Each Other Laughing — Image by © Royalty-Free/Corbis

便利になる事 日々 日進月歩で新しい技術は産み出されます。  スマートフォンなどはその一つの

顕著な例かもしれません。   でもそれで便利になったとしても はたして 「幸せ」になったのでしょうか?

携帯やスマホがなかった時代なら、 その分子供や妻との会話に時間がついやせたでしょう。

余分な情報に僕らは振り回されていないでしょうか?

技術や情報があっても またどれだけお金があっても実現できません。 そこに必要なのは「体の健康」であり

「心の幸福」です。  にもかかわらず、人は健康を投げ捨ててまで働き、得たお金で病院の治療代を払い続け

ています。 人は生きがいを求めながら、他人と比較ばかりして、自分らしさを犠牲にし、幸福になる為の

セミナーを受け続けています。 アインシュタインはこういいました。 

「同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という」と どんなものごとも自分がまいた

種から始まります。 私たちはもっと自分のことを理解しなければなりませんし、心の内なる声に耳を傾ける

必要があるのです。

言われてみて、本当にドキッとする言葉です。 ああ~ 自分の事を言われていると感じた方も多いのでは?

僕もそうです。  でも、昔に戻るわけにはいきませんし、今更 スマホなしの生活に戻る人も少ないと思いますが

この現代で生きる上での 幸せに基準とは・・・   明日に続きます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【心の幸せの4つの要素 その① スマホは人を幸せにしたか?】:関連ページ

【 『いただきます』は感謝の言葉 】
【 『いただきます』は感謝の言葉 】 「いただきます」   は食べるという言葉を 丁寧語にしたものであり   「さあ、一緒に食事を始めましょう」 という合図でもあります。 さらには、その食事を与えてく […]
【さまざまな視点で考える】
【さまざまな視点で考える】 個人的な感情にとらわれると 物事の全体を見通した適切な見方 や考え方はできなくなります。 それは日常に起こりえる事です。 例えば誰かから不愉快な事を言われたら 相手を悪く思ってしまいがちでなな […]
【迷った時こそ 短な感謝に気づく】
私たちの人生は常にどこかで誰かに支えられているものです それを1人で生きてきたかのように思った時、人生の迷い道に踏み込んでしまうのではないでしょうか 例えば自分の力を過信して好き勝手をする 他人の迷惑を顧みないなど折に触 […]
【親を大切にする】
親を大切にする家族を自然の木々に例えると親は木を地中で支える 根に当たります。 大事にしっかり根を張ることで家族と言う 幹が成長し枝や葉である 家族一人一人が安心して暮らせるようになるのです。 子を大切にしなければ一時は […]
【一日の命 万金よりも重し 人間力を高める事が妊活につながる】
【一日の命 万金よりも重し】 吉田兼好  鎌倉末期の詩人 随筆家の言葉です。 世の中で大切なものが何か? 問われた時に 『命』と言われてたら ほとんどの方が反対されない はずです。   『妊活』『不妊治療のカウ […]
【『違い』を大切にする】
【『違い』を大切にする】 人にはそれぞれに違いがあります。 その違いこそが その人だけが 持つすばらしい個性なのです。 何事も『皆と同じでなければ』という 思いにとらわれる事なく まず一人一人の違いを知り その違いを 大 […]
『失う前に感謝』
『失う前に感謝』 失ってはじめて、なくした物の大切さに 気づくことがあります。 現代の豊かな生活の中では、物がある事を 当たり前に思いがちですが、失ってから ありがたさを感じても、 その物を取り戻すには、大変な努力が必要 […]
【命のつながりを感じる】
親は子に 自分の親の思いで つまり子供にとっての祖父母のことを 話してみましょう。 祖父母が健在であれば、ふれあう機会を持つ事も 大切です。 子供は祖父母の存在を意識することで、祖父母から父母へ 父母から自分へと伝わる命 […]
【終身路を譲るも百歩も枉げず】
【終身路を譲るも百歩も枉げず】   「終身路を譲るも百歩も枉げず」 という言葉があります。  一生涯 人に道を 譲り続けたとしても、余分に歩いた距離の合計は 百歩にもならないということです。 「お先にどうぞ」と […]
『  待つ という教育 』
『  待つ という教育 』 私たちは一つの考え方に縛られやすく 『こうであればいいな』という程度の気持ちも やがては『こうでなければならない』に 変わってしまうことがあります。 そうした考え方が、悩みや挫折の原因になるの […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3184/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください