【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【不妊症によく使う 漢方薬 当帰建中湯 】

【不妊症によく使う 漢方薬 当帰建中湯 】

タカキ薬局 は 漢方のご相談が特徴なお店です。

分かりにくい女性の漢方薬を解説してみたいと思います。

今回は  当帰建中湯(とうきけんちゅうとう) という漢方薬です。

冷えからくる 胃腸の痛み や 生理痛が強い方

そんな方によく使うのが当帰建中湯です。

漢方薬の中ではとても優しく どちらかというと虚弱な方に用います。

本からとった 当帰建中湯のタイプですが

見るからに 「虚弱~~~」って方に用います。

 

ポイントは 膠飴という アメが入っている所です。

漢方薬に飴を入れて 甘くする。  身体が弱った時に甘いものを

欲しますが

漢方薬 特に当帰芍薬散の 飴湯 みたいな感じがこのお薬です。

 

ベースになるお薬が 桂枝加芍薬湯 という 胃腸の薬です。

そこに 血を補う 当帰が加わっています。

胃腸を補いながら、血液も補う

当帰芍薬散が効かない  でも 証は当帰芍薬散

なんて方に用います。

 

 

症状別 月経関連症候  によりますと

▶ 年とともに冷えを感じるようになった 月経時にはお腹がキリキリ痛み

貧血のような症状がある

▶ 月経痛が我慢できない場合は痛み止めを服用 しかし鎮痛剤で胃痛、食欲不振

をおこすようになった。

▶ 常に冷えて 常に胃腸に不安を感じる

というような症状です。

飲んだ効果が分かるには 約一ヶ月  おおよそ3ヶ月くらい飲むとよくわかると思いますよ。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【不妊症によく使う 漢方薬 当帰建中湯 】:関連ページ

【心配性も不妊の原因?? 心を強くする漢方について その2】
【心配性も不妊の原因?? 心を強くする漢方について その2】 『高齢で出産しても 後 上手くいくのかしら?』 『私はいつも運が悪く上手くいかない?』 『つい先々のことを考えてしまう?』 そ こまで考えなくていいのにどうし […]
【心配性も不妊の原因?? 心を強くする漢方について その1】
【心配性も不妊の原因?? 心を強くする漢方について その1】 『高齢で出産しても 後 上手くいくのかしら?』 『私はいつも運が悪く上手くいかない?』 『つい先々のことを考えてしまう?』 そこまで考えなくていいのにどうして […]
『奥様47歳・ご主人48歳第一子希望』
『奥様47歳ご主人48歳第一子希望』 英ウィメンズクリニック サポートセンターからの報告です。 奥様が47歳でご主人が48歳 で”AMHが0.38”という 絶望的な状態でした。   2010年、40歳より 不妊 […]
『梅雨と妊活の関係 その2』
2.高い湿度と気圧の低下で血流が悪くなる 梅雨の時期は梅雨前線の影響で湿度が上がり気圧が低下する日が多くなります。 湿度が上がり気圧が低下すると血管が膨張し血流が悪くなります。 その結果、血行不良によって酸素やホルモンが […]
『ショウキT-1 一日3回服用で 胚盤胞発生率が劇的に向上!!』
ショウキT-1の臨床データが届きました。 432人分のデータです。 通常40〜42歳の妊娠率は平均約「5%」ですが、たんぽぽ茶「ショウキT-1」を飲用していると妊娠率が「14%」と跳ね上がっています。 また43歳以上の妊 […]
『奥様 47歳 ご主人48歳 第一子希望』
『奥様 47歳 ご主人48歳 第一子希望』 英ウィメンズクリニック サポートセンター からの報告です。 奥様が47歳でご主人が48歳 でAMHが0.38 という 絶望的な状態でした。 2010年 40歳より不妊治療を始ま […]
『(男性編)ビタミンDと精子の運動能力や形態との関係』
『(男性編)ビタミンDと精子の運動能力や形態との関係』 しばらく ビタミンDについて書いてきましたが 男性不妊について 精子の状態についても影響があります。   実はビタミンDは 精子の運動能力を高め、 さらに […]
天然のビタミンD3を効率的に取るサプリ
『天然にビタミンDを効率的に取るには』 タカキ薬局オススメサプリ   ビタミンDは植物由来のビタミンD2、動物由来のビタミンD3があり ヒトではビタミンD3が重要な働きを果たしています。 棗参宝には阿膠(ロバ) […]
松の節が酸化を防ぐ!? 男性不妊におすすめサプリ
男性不妊のサプリメントについて 錆びさせないことが大事ということをお伝えしてきましたが タイスケ先生のオススメが 『松康泉』 松節が含まれた製品です。 松節には特殊な油性成分を含有しています。 松節(しょうせつ)とは、通 […]
【習慣性流産の漢方的ケア その1】
【習慣性流産の漢方的ケア その1】 東洋医学の世界では 実は流産も 「小さなお産」と 捉えます。  だから流産した後も産後と同じように 体のケアが必要と捉えています。 実際に流産後の身体は 産後の身体と同じように 体のエ […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3346/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください