漢方相談 タカキ薬局

【温灸器 カイロと何が違うの?】

よくいただく ご質問に

温灸器と カイロの 違いはなに?  と聞かれる事があります。

同じ温める事に違いはないのに・・・・・

その辺りの事を 開発者の ショウキ先生の見解を聞いてみたいと思います。

カイロは、「皮盧表面だけ」を温める「雑貨」です。冷

えた状態を戻す事は出来ても温めるまでの力はありません。

この温灸器は、敢えて「火」と「炭化させたもぐさ」

を使用し、「遠赤外線」を発生させています。

遠赤外線放出機能は、最近の各種暖房器具や調理器具に

「身体が温まる」として大部分で採用され、衣服や脂肪をも通過して体

内深<にある「内臓」を温めます。

温灸器には電気を使うタイプの物もありますが、電磁波の危険性がありますし、

人のからだにやさしい「1/fのゆらぎ」を持つ火を用いる部氏温灸器の方がると思います。

こたつで眠ると逆に疲れるのは、波のある人間のバイオリズムと一定の強さの電気のパルスが合

わないからです。

魚を美味しく焼くには、「強火の遠火」が最適です。遠赤外線が豊富に発生するのは、

「強火」です。但し遠火でないと焦げてしまいます。

「強火の遠火」で魚を焼く事により、魚が生焼けにならず尚且つたっぷりの運赤外線で内部まで、

しっかりとしっとりと火が通ります。

バーベキューのお肉やお野菜が美味しいのも、昔ながらの釜炊きのご飯が美味しいのも大火力ゆえに遠

赤外線によりしっかり食材に火が通り美味しいのです。

食材と人体を一緒にする訳ではありませんが、脂肪に包まれている内臓をきちんと温める為には「熱の強さ」ではなく、

「運赤外線の多さ」と「からだへの優しさ」にこだわる事が大切だと思います。分厚いジーンズの上からカイロをあてても「温

かさ」を余り感じません。当然、温め効果は少ないです。部氏温灸器の場合は運赤外線を放出する

ので、「温かさを感じなくても」治療効果が上がります。

なるほど 強火の遠火  お肉に例えると分かりやすいですね。(^^♪

体内深部にまで 熱を届けるのは 結構大変だという事もわかりました。

衣服を通過しても 伝わるというのも  ありがたい事です。

もし 体験されたい方は タカキ薬局で ご用意してますので

お気軽に「体験したい!!」と お話しくださいね。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG