【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

『母乳育児中 離乳以降の食べさせかた』

  • 母乳育児中の食べ方

誕生から数ヶ月間、赤ちゃんの栄養は母乳だけです。お母さんが脂っこい物や甘いもの、肉や魚などを食べてしまうと母乳の質が悪くなり、赤ちゃんはそれをうまく消化吸収できません。免疫も少ないので、さまざまなトラブルのもとになってしまいます。

お母さんのほうも、動物性食品を食べると精神的にいらいらしやすくなります。

また、お母さんの食べ物が何かにかたよっていると、

赤ちゃんはいやいやのサインを送ってくるはずです。

 

たとえば豆の食べすぎは陰性のたんぱく質過多になって母乳がしぶくなり、

赤ちゃんに湿疹ができやすくなります。

お母さんが食べた物や食べ方が、すぐに赤ちゃんには出てきます。

赤ちゃんが満足して飲んでいるか、量も足りてぐっすり眠るかなどを判断基準に、

食べたものをもう一度考え直してみましょう。

  • 離乳以降の食べさせ方

赤ちゃんは生後一年たつと乳糖分解酵素がほとんどなくなりますので、

もう母乳は必要ありません。かわりにでんぷん分解酵素が急増しますので、

穀物をやわらかくして与えてください。

離乳食は、体重が6~7kg(生後5~6カ月)になっており始めます。

市販の離乳食には添加物が多いので避け、果汁や野菜スープやみそ汁の上澄みを白湯で2倍に薄めてあげましょう。徐々におもゆやおかゆ、おじや、くず練り、うどんを煮たもの、かぼちゃやじゃがいもをつぶしたものを与え、「吸う」ことから「かみつぶす」食へと移行させます。これが自立につながります。味付けは大人の半分、かたさは歯茎でつぶせるぐらいが目安です。

 

なお、ケーキやアイスクリームなどの甘みのつよいものや味の濃いものは避けます。まず薄味にならし、素材の味がわかる、ちゃんとした味覚をそだててあげることが子どもへの人生最大のプレゼントです。

乳製品や動物性食品に関しては、乳幼児は消化力がよわいので、強すぎるという弊害もあります。また牛乳は本来、牛の赤ちゃんが飲むもの。からだは早く大きくなますが、脳の発達がともないません。水がわりに与えるのではなく、おやつとして少量にとどめましょう。

基本の食は、おとなの食べ物をたべやすくする程度で大丈夫です。そして、自分で食べられるぐらいに大きくなったら、おなじ食卓で、おなじ食べ物を囲むことの楽しさを教えてあげてください。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



『母乳育児中 離乳以降の食べさせかた』:関連ページ

『妊娠前の食事と妊娠までに要した時間との関係』
『妊娠前の食事と妊娠迄に要した時間との関係』   Pre-pregnancy fast food and fruit intake is associated with time to pregnancy https:/ […]
『良い卵子を作る食材”イチゴ”』
こんにちは タカキ薬局のタカキです 今日、うちの畑で取れたイチゴです。 不揃いですが 新鮮なイチゴは生命力に溢れ、一粒食べると体がしゃきっとします😆   イチゴは、体を冷やす力があります。 &n […]
「1日1杯の炭酸飲料が妊娠率を下げるかもしれない」
「1日1杯の炭酸飲料が妊娠率を下げるかもしれない」 さて、今日はショウキ先生のブログから 引用させていただきます。 妊娠を希望しているのなら砂糖が多く含まれる飲み物は避けた方がよいと言われます。 「体にも悪そうだし」とな […]
『どこまでならいいの? お酒と体外受精との関わり その2』
『どこまでならいいの? お酒と体外受精との関わり その2』 さて、アメリカ生殖医学会やイギリス政府機関では 妊娠を望む女性のための飲酒量の目安やガイドライン を設けています。 まず、アメリカ生殖医学会では1日2ドリンク以 […]
AMHが低い人は ビタミンD濃度が低い!?
AMHが低い人は ビタミンD濃度が低い!?   ビタミンDは骨を作ったり、体が大きくなるのにどうしても必要なビタミン 最近は 細胞レベルで分裂や増殖を調整する働きがあることがわかり 再注目を集めています。 &n […]
女性の着床に影響を与えるビタミン・・・ それは
『(ビタミンDが体外受精の際の着床環境に及ぼす影響』 妊孕性に影響する因子 卵子提供による体外受精においては、ビタミンD濃度が正常な女性の 妊娠率や出産に至る確率はビタミンD濃度が不足している女性よりも高いことがわかり、 […]
アルコールって妊活に本当に悪いの?
『妊娠を希望するカップルにとってのアルコール摂取』 妊娠を望むカップル、不妊治療を受けているカップルにとって、 アルコール摂取については、少々、気になるところです。 「飲み過ぎ」は健康に損なうことは言うまでもありません。 […]
『卵子を元気にする食材  牡蠣』
『卵子を元気にする食材  牡蠣』 紀元前から欧米人が生食する唯一の水産物が牡蠣です。 日本でも 古くから食べられていて、広島、宮城、三重、岩手 と多く産地が多い食品です。 身の肉は『温性』で肝臓機能を強化する効果があり […]
【卵子を元気にする食品 昆布】
【卵子を元気にする野菜 昆布】 昔から 縁起物としても取り上げられることの多い昆布 実は妊活にもよく使う食材で 身近にある便利な食材です。 昆布は海の野菜とも呼ばれ、栄養素も豊富   古くから 体内にこもった熱 […]
【卵子を元気にする野菜 ゴマ】
【卵子を元気にする野菜 ゴマ】 ゴマ 特に黒ゴマは 妊活関係の、東洋医学の食養生では 必ずでてくる食材 です。 古くから 強精作用を持ち、肝と腎を丈夫にして 「長正不老食」といわれています。 補腎は 35歳以上の不妊症の […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3725/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください