【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【βHCGについて】

先日 βHCGについての質問を受けました。

最近ではまだ少数派ですがβHCGを重要視する医院もあるみたいです。

βHCG について

 

妊娠検査ではhCGの血中または尿中レベル計測して受精卵の有無を示す。

特に、殆どの妊娠検査ではhCGのβサブユニット(βhCG)に特異的な抗体を用いる。

検査で重要なのはhCGがLHやFSHと混乱して擬陽性の出ないことである。

(後者の2つは体内で異なったレベルで存在しているのに対し、hCGは妊娠中を除き無視できるレベルである。)

尿検査は25~100mIU/mlを検出できるクロマトグラフィーの免疫測定法である。

尿はhCGレベルの高い朝の最初の尿でなくてはならない。

もし尿の比重が1.015を越えていた場合、尿は薄める。

血清検査では2~4mlの静脈血を用い、βhCGを5mIU/mlを検出でき、その濃度を定量可能な放射性免疫測定法(RIA)である。

βhCGの定量できることは子宮外妊娠かどうかを見たり、胚細胞腫瘍や栄養膜腫瘍を監視するのに便利である。

 

胞状奇胎では胚が存在しないのに高濃度のβhCGが産生されるため、妊娠検査で擬陽性を出す。

βHCG は脳腫瘍や精巣腫瘍・絨毛癌などでも一部の希な腫瘍の血清検査で上昇し、これらのがんの腫瘍マーカーとして用いられていますが、妊娠女性でも高くなります。

 

平成 17 年に、検査上特異性の低い HCG ではなく、βHCG という検査法を追加しております。

βHCG のメーカーから出されている添付文書によると、βHCG の基準値は非妊婦女性で3mIU/ml 以下・男性で 2mIU/ml 以下と記載されております。

妊娠女性では妊娠4週で 1,100、妊娠 9 週では 91,500mIU/ml まで上昇します。

脳腫瘍や精巣腫瘍・絨毛癌などでは、数十万まで上昇することもありますが、

これらのがんの専門医のほとんどは 0.5mIU/ml 以下では腫瘍がない(緩解している)状態と考えています。

 

これらの腫瘍におけるβHCG の値は診療上は、絶対値よりも時系列の変化をみることが大切です。

 

変動が見られた場合に画像検査などを追加することになります。

キット等により基準値もことなり、極めて専門家の医師の間だけにしか議論されない問題ですので、精巣腫瘍取り扱い規約においても基準値は記載されず、

変化をみることの重要性が記されています。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【βHCGについて】:関連ページ

『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』
『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のもの 大きな枠で陰と陽で成り立っているという考え方です。   そしてもう一つの考え方 『五行 […]
『西洋医学と東洋医学の違い その2 陰陽とは』
『西洋医学と東洋医学の違い  陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のものである という 考え方が大前提です。 その基本的な法則のことを 『陰陽五行 思想』と言います。 なんか一 […]
『西洋医学と 東洋医学の違い』
『西洋医学と 東洋医学の違い』 病院と 漢方 その違いって一体なんなんでしょう? 病院は 『西洋医学』 漢方は『東洋医学』です。 西洋医学の基本は 実はキリスト教です。 そしてその元が聖書 聖書には 万物は神によって創造 […]
『女性を笑顔にする 漢方薬』
『女性を笑顔にする 漢方薬』 ピンボケですみません。 分かりにくい そして情報が多い 漢方の世界をいかに 分かりやすく伝えるか 日々考えていますが 松浦漢方さんの インフォメーションを読んでいたら 一目でわかる 記事が出 […]
【習慣性流産の漢方的ケア その3】
【習慣性流産の漢方的ケア その3】 妊娠・出産には 精神的な安定が何より大切です。 基礎体温表の微妙な変化に一喜一憂 する方が 多いですが、何人もの方を見ていると 必ずしも教科書通りの綺麗な基礎体温で妊娠 するとは限りま […]
【習慣性流産の漢方的ケア その2】
【習慣性流産の漢方的ケア その2】 まずは 生理周期を整える事が大事になってきます。 月経期には 経血をきちんと排出し、生理痛も改善する 「田七人参」などを用いますし いわゆる低温期には 血液と体の潤いを補いながら 質の […]
『女性の不調は 血流の悪化から』
『女性の不調は 血流の悪化から』   心の病、肌の病、不眠、切れやすい、不妊 現象として、生理周期の遅れ・経血が少ない・無月経 婦人病の起点と言えるのが『血虚』 血が不足していく状態の事です。 実はこれらの原因 […]
『空胞について その2 空胞の原因』
空胞で一番多い原因は 何と言っても加齢 加齢により ホルモンの低下が起きると卵子を 育てる環境が悪くなります。 高齢の人はE2 エストラジオールが低くなり FSHが高くなる傾向にあります。 この状態では 良い卵胞は育ちま […]
『空胞について その1』
不妊治療において 『空胞』について 質問を受けることがあります。 超音波検査では 卵胞の存在は確認できますが卵子は 確認することができません。 なので 採卵前の超音波検査で卵胞が見えていても 卵子はないということがあり  […]
【男性不妊を診察できる施設が圧倒的に不足】
横浜市立大学付属市民総合医療センターの湯村寧(ゆむらやすし)部長が 研究代表を務めた厚生労働省研究班は2015年度、 日本産科婦人科学会が認定する約600の生殖補助医療施設にアンケートした。   254件の回答 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3837/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です