NO IMAGE

【不妊症の漢方療法 その②】

【不妊症の漢方療法 その②】
 
「婦人科系疾患では多くの場合、
前面に月経異常などの血の失調が表出するので、
血の巡りをととのえる理血方剤が用いられ易い
随伴症状から証型を弁別し、当帰芍薬散、
桂枝茯苓丸などの理血方剤を用いる。」
 
僕ら漢方薬を選択するときに問診といって
その方の体の状態を小まめにお聞きします
 
が 必ず生理の事はいの一番に聞きます。
 
生理は何日周期で来ているのか?
 
生理は何日間続くのか?
どれくらいの出血量で
血の塊が混じってないか・・・・
 
あと、舌の状態を見る事で
どれだけ「血」があるのかが把握する事ができます。
 
漢方では「血」は「ち」といわず「けつ」といいますが
 
体に必要な栄養、酸素、そして温度を
送るのが「血」で
 
体に不必要なものを回収してくれるのも
「血」
赤ちゃんを作る為には何がなくても
欠かせない物になります。
 
その為に「血の巡りをととのえる」
事を漢方ではイの一番に考えます。
 
ただ、その方その方で 症状が違いますので
それを 「証」という漢方特有の型に当てはめ
用いていきます。
 
よく 当帰芍薬散 や 桂枝茯苓丸 といった
漢方薬がありますが、それらは「血」を
整える薬です。
 
続く
 
 
さて、さて、子宝相談をご希望の方は
 
0564-26-1717
 
(朝9:00~夜8:00まで)
 
お気軽にどうぞ
 
メールでも受け付けています。
 
 
 
すべての子供を望むカップル、女性に赤ちゃんが訪れますように。
 
そして今お腹の中で成長している命が今幸せであるように。
 
誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ健やかに育ちますように。
 
心から願っております。
 
 
不妊治療に不安な方お電話ください。
 
病院の紹介も行っております。
 
タカキ薬局へのお電話は
 
電話0564-26-1717
 
 
住所 愛知県岡崎市松本町1-79
 
名鉄バス 能見町バス停 から徒歩2分
 
【子宝カウンセラーの会会員店】【不妊カウンセリング学会会員】

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG