漢方相談 タカキ薬局

『性交回数と妊娠率の関係 その1』

『性交回数と妊娠率の関係 その1』

体外受精、顕微授精、人工授精をされる方

その間って 本来の性生活の回数って

落ちていませんか?

実は、その間も夫婦関係を持った方が

妊娠はしやすいのです。

そして、性交は、妊娠率だけでなく、妊娠、出産の合併症リスクの低下や

胎児の健康にまで影響するかもしれないのです。

◎精液は着床環境を免疫的に整えるスイッチをオンにする

オーストラリアとスペインで体外受精の移植日前後の性交と妊娠率を調べた研究があります

射精された精液が子宮や卵管などに触れることで、子宮の免疫力が整うことが動物実験でわかっています。

女性にとって受精卵は「異物」

ただ妊娠時には、不思議なことに「異物」を排除しないで、受け入れるように免疫が働きます。

そして、そのスイッチが精液にあるというのです。

アデレード大学の研究グループが、478周期の体外受精の1343個の胚移植で、

移植時期の性交の有無による治療成績を比較しました。

妊娠に至った胚の割合は移植時期に性交があったほうが高いことがわかりました。

さらに性交や精液の注入と妊娠率の関係を調べた2204名の解析では

性交があった、もしくは、精液を注入したカップルのほうが妊娠の確率が23%高かったことがわかりました。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG