NO IMAGE

【強皮症から頑張る夫婦】

岐阜県の先生から

素晴らしい症例をいただきました。

強皮症のために不妊治療を受けていた

奥様36歳 ご主人36歳の方

難病指定の強皮症 と2年前に診断されて

レイノー症状がありました。

両手で関節が痛くなって、手足に冷えが

ありました。

過去3年間で人工授精や体外受精を繰り返し

ましたが、妊娠には結局至りません。

漢方薬を飲み始めます。

その都度、処方をかえた漢方とショウキT-1
と松康泉  も合わせています。


痛みが出る時はプレドニンを飲むという
病院との治療の併用です。

ご主人がコレステロールが高いという

事なので夫婦揃って食生活の改善もはじめ

ました。

その後、半年の間にご主人様は6キロの

減量に成功し、奥様は動物性タンパク質を

取らなければ痛みが出ない事を発見しました。

来店から1年、2個の移植を行いました。

しかし前年ながらそのお子様は流産されました

そこにさらに当帰芍薬散・当帰の末を加え

2相に変化するのを待ちました。

流産して3ヶ月後に内膜が7.5mmまで

戻ってきたので8月 再度移植

移植後 2週間後にはHCGが23.3
3週間後には65.3にまで上昇し

柴苓湯、プレドニン、アスピリン、アドナ

松康泉を服用されました。

その後、微量の出血により入退院を繰り返

します。 その後13週目で無事に退院

なさい、現在も治療中です。

↓↓↓

まだ、妊娠には至っていませんが

ただ強皮症という難病でありながらも

夫婦で一歩一歩 確実に問題をクリア

している姿は素晴らしいです。

必ずお子様を授かると思いますし

この経験はのちの子育てにも

影響していくと思います。

がんばれ!!

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG