【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【男性不妊を診察できる施設が圧倒的に不足】

横浜市立大学付属市民総合医療センターの湯村寧(ゆむらやすし)部長が
研究代表を務めた厚生労働省研究班は2015年度、
日本産科婦人科学会が認定する約600の生殖補助医療施設にアンケートした。

 

254件の回答のうち、男性側に不妊の原因の可能性がある患者に
泌尿器科の受診を勧める条件として、「精液検査で異常がある全ての患者」は72件。

「患者の希望があるとき」は63件で、「婦人科の治療で改善しない場合」は59件だった。
「受診を勧めない、ほとんど勧めない」も36件あり、

湯村さんは「連携に積極的な婦人科医とそうでない医師がいる。
近くに男性不妊の専門医がいないという事情もある」と話す。

費用はかかるが希望すれば調べてくれる施設もある。
メンズヘルスクリニック東京(東京都千代田区)は、

妊娠・出産を目指す「妊活」をする男性らに
「ブライダルチェック」をしている。内容は問診や精巣容量の測定、超音波(エコー)検査、精液検査などだ。

 

同クリニックで外来を担当する順天堂大学医学部付属浦安病院泌尿器科の辻村晃(つじむらあきら)教授は、
検査を受けた564人を調べた。

精液検査で精子濃度が世界保健機関(WHO)の標準値未満だったのは52人(9・2%)で、
うち無精子症は10人(1・8%)。精子の濃度または精子の運動率が標準値未満だった人は97人(17・2%)いた。

 

また、ED(勃起不全)は78人(13・8%)、
「膣(ちつ)内射精障害」は57人(10・1%)で、自然妊娠しにくい男性が一定数いることがわかった。

 

辻村さんは「精液検査は1回では必ずしも判断できず、再検査が必要だ」とする。

ただ、「検査を受けることで治療の必要があるとわかれば、不妊治療を始めるタイミングを早められる」
と有用性を語る。

朝日新聞デジタル版からの引用です。  以前講演会で 男性不妊がちゃんと見れるお医者さんは

日本で5人ほどしかいない という衝撃的な事実を聞いた事があります。

女性不妊に対してもそうですが、男性不妊に対する意識の低さは

危機的な状態ですね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【男性不妊を診察できる施設が圧倒的に不足】:関連ページ

『 GW後にテンションが下がってしまった時の対処法』
『 GW後にテンションが下がってしまった時の対処法』 この時期ですが、実は妊活を始める人と また、著しくテンションが下がる人と ふた通りです。 妊活を始める人は GWでご実家に帰り そこで兄弟に子供ができた とか 親にプ […]
『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』
『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のもの 大きな枠で陰と陽で成り立っているという考え方です。   そしてもう一つの考え方 『五行 […]
『西洋医学と東洋医学の違い その2 陰陽とは』
『西洋医学と東洋医学の違い  陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のものである という 考え方が大前提です。 その基本的な法則のことを 『陰陽五行 思想』と言います。 なんか一 […]
『西洋医学と 東洋医学の違い』
『西洋医学と 東洋医学の違い』 病院と 漢方 その違いって一体なんなんでしょう? 病院は 『西洋医学』 漢方は『東洋医学』です。 西洋医学の基本は 実はキリスト教です。 そしてその元が聖書 聖書には 万物は神によって創造 […]
『女性を笑顔にする 漢方薬』
『女性を笑顔にする 漢方薬』 ピンボケですみません。 分かりにくい そして情報が多い 漢方の世界をいかに 分かりやすく伝えるか 日々考えていますが 松浦漢方さんの インフォメーションを読んでいたら 一目でわかる 記事が出 […]
【習慣性流産の漢方的ケア その3】
【習慣性流産の漢方的ケア その3】 妊娠・出産には 精神的な安定が何より大切です。 基礎体温表の微妙な変化に一喜一憂 する方が 多いですが、何人もの方を見ていると 必ずしも教科書通りの綺麗な基礎体温で妊娠 するとは限りま […]
【習慣性流産の漢方的ケア その2】
【習慣性流産の漢方的ケア その2】 まずは 生理周期を整える事が大事になってきます。 月経期には 経血をきちんと排出し、生理痛も改善する 「田七人参」などを用いますし いわゆる低温期には 血液と体の潤いを補いながら 質の […]
『女性の不調は 血流の悪化から』
『女性の不調は 血流の悪化から』   心の病、肌の病、不眠、切れやすい、不妊 現象として、生理周期の遅れ・経血が少ない・無月経 婦人病の起点と言えるのが『血虚』 血が不足していく状態の事です。 実はこれらの原因 […]
『空胞について その2 空胞の原因』
空胞で一番多い原因は 何と言っても加齢 加齢により ホルモンの低下が起きると卵子を 育てる環境が悪くなります。 高齢の人はE2 エストラジオールが低くなり FSHが高くなる傾向にあります。 この状態では 良い卵胞は育ちま […]
『空胞について その1』
不妊治療において 『空胞』について 質問を受けることがあります。 超音波検査では 卵胞の存在は確認できますが卵子は 確認することができません。 なので 採卵前の超音波検査で卵胞が見えていても 卵子はないということがあり  […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3938/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です