【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

『出生数が86万人に 回復のキーワードは男性の自信!?』

『出生数が86万人に 回復のキーワードは男性の自信!?』
 

朝日新聞の情報からですが

今年の出生数が発表されましたね

以下は朝日新聞の記事から

少し前に出生数が100万人を切った

という事でしたが、この減少ペースは

本当にまずいと思います。

 

国も色々と考えているようですが

僕の考えとしては

『男性の自信回復』がキーワードの様に

思います。

 

どうも男性が元気がない

恋愛や結婚に関してビジョンがないというか

『自分は無理』と考えてしまっている人が

多いと感じます。

 

真面目すぎるんですね。

カウンセリングにお見えになる方は

当然ご結婚されている方ばかりですが

それでも、ちょっと硬い人が多い印象です。

 

ちょっとした事から 自信を回復させてあげる

少しだけノせてあげる。

僕は男性カウンセラーなので意外と

得意なところです。(*^ω^*)

今年、新たに生まれた日本人の赤ちゃんが推計86万4千人にとどまり、初めて90万人を下回る。人口の自然減は51万人余りで、鳥取県の人口に近い人が減ったことになる。加速する人口減少は、日本社会の持続可能性に黄信号をともしている。

出生数、初めて90万人割る 19年、見通しより早く
 「人口の多い団塊ジュニア世代がほぼ出産年齢を過ぎ、いよいよ人口の少ない世代が親となっている。縮小する親世代が、さらに小さな子世代を生む『縮小再生産』が始まっている」。国立社会保障・人口問題研究所の元副所長、金子隆一・明治大学特任教授は話す。「令和まで結婚・出産を遅らせる『改元効果』は、あってもわずかでは。特定の出来事ではなく、経済状況の影響かもしれない」

 いま親になることが多い30代半ばから40代後半は、90年代半ばからの景気低迷期に社会に出た就職氷河期世代、ロストジェネレーションと呼ばれる。非正規採用が多く、賃金水準も他の年代より低い。

 「子どもは欲しいが、男性の正社員も少なく職場結婚が難しい」(43歳、女性契約社員)。

 「家族を持ちたいが、まずは正規採用が先」(42歳、男性パート)。

 

 不安定雇用に悩むロスジェネ世代の証言だ。この世代以降も非正規率は高く、

 社人研が15年の調査で未婚者に「結婚への障害」を尋ねると、男女とも「資金」が4割強で最多だった。

 政府は、子どもが欲しい人の望みがかなった場合の「希望出生率」1・8の実現を目指す。

 裏返せば、子を持ちたくても諦める人が多いことを意味する。

 

 そんな状況を、家族社会学者の落合恵美子・京都大学教授は「家族からの逃走」と表現する。

 「男女とも結婚や出産で失うものが多い。保育所不足や教育費の高さに加え、

  引きこもりなどで子が自立できない恐れもある。国の支援が弱いため、

  家族を持つことに二の足を踏んでしまう」

 安倍首相は2年前、少子高齢化を「国難」と呼んで衆院を解散した。

 その後、働き方改革や幼児教育・保育の無償化などの政策、スローガンを掲げてきたが、

 出生数を見る限り効果は出ていない。

 「生産年齢人口の減少対策は、女性の就労促進、仕事と出産・子育ての両立を可能にする政策・制度、

 さらに移民受け入れが必須だが、どれも不十分です」と落合教授は指摘する。

 親となる世代が減っている以上、仮に出生率が回復しても、数十年は人口が減少する厳しい時代が続く。ただ、もし出生減に歯止めがかからなければ、今世紀後半になっても人口は下げ止まらずに減り続ける。いま有効な手立てを採らなければ、この国の未来はやせ細っていく。『出生数が86万人に 回復のキーワードは男性の自信!?』

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



『出生数が86万人に 回復のキーワードは男性の自信!?』:関連ページ

【タカキ薬局の子宝カウンセリングについてのQ&A】
こんにちは 高木タイスケです。 2月も今日で 終わり 明日から3月 ついこの前 お正月だと思ったのですが早いものです。 さて、タカキ薬局に対する質問がいくつか来てますので ここでまとめて お答えしておきたいと思います。 […]
【第50回 子宝カウンセラーの会に参加】
【第50回 子宝カウンセラーの会に参加】 第50回の子宝カウンセラーの会 が大阪であり 参加してきました。   日々勉強、勉強です。   舌を見てその方の体質を見ていく この方は心が弱って 体が冷えて […]
【妊娠がわかったら・・・  パパに知っておいてほしい妊娠中の女性のケア】
【妊娠がわかったら・・・  パパに知っておいてほしい妊娠中の女性のケア】 妊娠初期とは おおよそ 妊娠0週から15週位の事をいいます。 15週というと おおよそ 3ヶ月~4ヶ月くらいです。 その間、女性の体と赤ちゃんは  […]
『妊娠検査薬の使い方について』
『妊娠検査薬の使い方について』   今回は妊娠検査薬の使い方に関してです。 妊活をされている方は ぜひ手元に妊娠検査薬を 持っておいてください。   そして、何もなくても 一度 使っていただくと事をお […]
【 へその緒と妊娠診断 その1】
【 へその緒と妊娠診断 その1】 ジャックと豆の木 という童話がありますが 胎児とお母さんを繋ぐ『へその緒』はまさに この『ジャックと豆の木』の状態です。 胎児は当然お母さんから栄養をもらわないと 生きていけません。 受 […]
【 子宝をのぞむなら 子育ても見据えて】
こんにちは 漢方相談 タカキ薬局の高木と申します。 『もう妊活の時期から 子育てははじまってますよ』 という話を良くします。 その結果を出したらなら ちょっと先を見据えるといい 物事を成し遂げる時に使う言葉ですが 少し  […]
【生命はどうして生まれてくるのか? 昔の人の考え方】
【生命はどうして生まれてくるのか? 昔の人の考え方】   これだけ科学が発達しても まだまだ分からない事って多いんです。   生命がどうやって生まれてきたのか? 昔の人は興味を持ちました。 アリストテ […]
『僕らも不妊治療を経験しました。』
夫婦ともに、38歳で出産しました!! 夫婦ともに 38歳 出産!! 分娩室でかわいい男の子のうぶごえが響いた時、自然と涙が流れていました。 僕ら夫婦、34歳で結婚 4年間恵まれず、病院にも通いました。 でも、それだけでは […]
『 夫婦の スタートラインを見つめ直す場所』
『 夫婦の スタートラインを見つめ直す場所』 最近、ウエディングコーディネーターの方が タカキ薬局に来店されて、お話しするケースが多いのですが よく結婚した後に 式場から 来場を促す手紙が届きます。 『式場にもう一回来て […]
【男性の喫煙で加熱式の電子タバコと火をつける紙巻きタバコはカラダに影響するのか?】
『男性の喫煙で加熱式の電子タバコと火をつける紙巻きタバコはカラダに影響するのか?』 
 『電子タバコなら吸ってもいいですか?』 
 こんな質問を良く受けます。 
加熱式たばこは、たばこの葉を燃やさず加熱して 生じた蒸気を […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/5055/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください