【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【流産の種類について】

「流産の種類について」

と言う内容のご相談をよくされます。

今日は流産について書かせて頂きます。

 

流産と聞くと、とにかく悲しい気持ちになりますが、全妊婦さんの8%~15%が流産を経験するといわれています。

流産の定義とは、妊娠の早い時期、22週よりも前に妊娠が終わってしまう事を言いますが、その中でも妊娠12週以内の流産が多く、流産全体の98%を占めます。

ですので英ウィメンズクリニックでは患者様が無事に妊娠され不妊専門クリニックから産科のクリニックに転院されるのは妊娠12週目頃までとなっています。(例外もあり・・・)

では流産とはどんなものでしょうか?

流産の分類

流産を大きく分類すると、

切迫流産、稽留流産、進行流産、不全流産、完全流産、化学流産

の6種類に分類します。

 

 

切迫流産

女性器の出血や腹痛が合図で、流産の可能性が高まっている状態のことを切迫流産といいます。軽度なものを含めると、初期の段階で20~30%の方が経験しますが、必ずしも流産につながるわけではありません。流産の始まりの症状として気をつけたい状態です。

稽留流産

受精卵や胎児がすでに死亡しているにも関わらず、子宮内に留まっている状態をいいます。症状が出ないため、自覚症状で流産と気づくのは難しく、医師の判断が必要です。 感染症を起こさないよう、手術が必要な場合も多くあります。

進行流産

子宮口が開き、流産が始まってしまうことをいいます。数分のうちに胎児が外に流れ、進行が確定してしまうと止める術はなく、不全流産か完全流産のどちらかになります。

不全流産

不全流産とは、出血があった際に子宮内のものが一緒に排出され、一部が残ってしまうことをいいます。子宮内に一部が留まるため出血が続き、子宮内をきれいにするための手術が必要になります。陣痛のような強い腹痛を伴います。

完全流産

完全流産とは、子宮内のものがすべて流れ出てしまうことをいいます。こちらも陣痛のような強い腹痛があり、大量の出血を伴います。

化学流産

化学流産とは受精はして妊娠検査薬で陽性が出たものの、着床が長く続かなかった状態をいいます。妊娠が確定しているわけではないため、医学的に流産と分類されるわけではありません。

妊娠12週以前に起きる流産は、胎児の染色体異常が主な原因で、妊婦さんの努力では防ぐことが難しいといわれています。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【流産の種類について】:関連ページ

【不育症の原因と治療について④ 免疫の因子について】
【不育症の原因と治療について④ 免疫の因子について】 人には本来、体の中に異物が入ってきた時にそれを攻撃する反応が起こります。 この免疫の働きが不育症の要因となることについて書きます。 (自己抗体異常) 自己抗体異常とは […]
【不育症の原因と治療について③ 血液の凝固因子について】
『不育症の原因と治療について③ 血液の凝固因子について』 血液の凝固因子について書きます。 血液は、傷や出血があった際には、様々な因子が働いて固まる 仕組みになっていますが、血液が固まりやすい状態が不育症の要因となると […]
【不育症の原因と治療について① 内分泌の異常】
【不育症の原因と治療について① 内分泌の異常】 流産や不育症の原因を特定することは大変難しいことではありますが、 不育症の検査で異常が判明した場合の原因とその治療法について ご紹介していきたいと思います。 まず今回は内分 […]
【 転院を考えていますが どうしたらいいでしょう?】
【 転院を考えていますが どうしたらいいでしょう?】 こんにちは 岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する 漢方相談タカキ薬局の 高木タイスケです。 今日からググッと寒くなってきましたね。 とにかく気をつけてもらいた […]
【二人目不妊 卵管が詰まっていると言われたら】
【二人目不妊 卵管が詰まっていると言われたら】 不妊症の原因の一つに 卵管に問題がある場合が あります。 卵管が狭くなっていたり閉じている状態です。   その場合 卵管鏡下卵管形成術(FT法)という方法がありま […]
【SEET法 とは その2】
【SEET法 とは その2】 一方 お母さんの情報を受けながら 子宮内膜の状態を整え、受精卵のベッドを ふかふかにして着床の用意をしておくというわけです。 ところが体外受精では、受精卵はお母さんと隔離された 状態ですから […]
『体外受精の凍結方法はガラス化法が一般的』
『体外受精の凍結方法はガラス化法が一般的』 体外受精の方法ですが 一般的には受精卵をいったん冷却して、子宮の状態を整えてから 移植すると妊娠率が大幅にアップします。 凍結方法は ガラス化法(急速凍結法)と緩慢凍結法があり […]
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について 内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や 排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合 また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得た […]
【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【新型出生前診断についての解説その1】
【新型出生前診断についての解説その1】 少し前に 話題になった 「新型出生前診断」 全国でも受けられる方が増えているようです。 特に38歳以上の方は論文でも 有意差が確認されていて、特に時間のない妊婦さんは受けられる方が […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/896/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください