漢方相談 タカキ薬局

【妊活中のコーヒーは飲んでいいの?】

よくいただくご質問に

『妊娠中の コーヒーはどうですか?』

とご質問をいただきます。

一度、ネットで調べた事がありますが

結構情報はバラバラ

山口先生にお聞きしたら

コーヒーに関しての論文を

教えていただきました。


『妊活中にコーヒーの摂取は良い?悪い?』  

まず結論から申し上げますと

全くコーヒーを飲まない人が妊娠まで

6.5カ月かかったのに対して

15杯以上コーヒーを飲む群では8.2カ月

1.7カ月ほど延長しているのが分かります。

つまり、コーヒーの飲み過ぎは

妊娠するまでの期間が伸びたと言うこと。

これはスペイン、デンマーク、イタリア、フランスなど

多国籍の研究者達がデータを解析し、

1997年にAmerican Journal of Epidemiology誌に報告した論文です。

20年以上前のデータにはなりますが、未だに引用され続けている

論文ですのでご紹介したいと思います。

この研究では2544歳の女性3187人を調査して妊活を

始めてから自然妊娠するまでの期間をコーヒー摂取量

共に調べています。

ちなみに、この調査には紅茶やコーラなどカフェインを

含む他の飲料も同様に調査されていますが、

コーヒーが圧倒的に多いため代表してコーヒーと表記されています。

体外受精などのデータは含まれていません。

さらにコーヒーの種類やカップの大きさなどから推定した

カフェイン含有量と妊娠までの期間を調べたのが

下段の結果になります。

 

こちらでは、さらに顕著に妊娠までの期間との

相関が認められており、1501mg以上摂取する群では8.9カ月

摂取しない群に比べて2.4カ月延長しているという結果でした。

続いて、妊活を始めてからの期間ごとに妊娠していない方の

割合を時系列でまとめたグラフが示されています。

これを見ると、時間の経過とともに妊娠していない方の割合は

減っていますが、カフェイン摂取量が1500mg以上の群では、

妊娠していない方の割合がやや高い事がわかります。

一方300500mgの群では、300mg以下の群とほとんど差がなさそうです。

ということで結論としては、


・カフェインの取り過ぎは妊娠までの期間を延長させる

でした。とはいえ、カフェイン500mgといったらコーヒー6,7杯ほどです。

日本人でそこまでコーヒーを飲まれている方はあまりいないのではないでしょうか。

ということで、そこまで神経質にならなくても良さそうでもありますが、

客観的なデータとして参考にしていただければと思います。

ところで、カフェインは妊娠前よりもむしろ妊娠初期に影響が

あるという話もあります。

Caffeine Intake and Delayed Conception: A European Multicenter Study on Infertility and Subfecundity (カフェイン摂取による妊娠の遅れ:ヨーロッパ不妊施設による他施設研究)        

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG