漢方相談 タカキ薬局

【流産の原因は精子の断片化】

【流産の原因は精子の断片化】

 

本日は流産の原因は
精子の断片化にあるという事をご説明します。

 

3回以上 流産したパートナーの精液を50人

調べてみたら、通常と比べてDNAの損傷率が

2倍近く高いことがわかってきました。

20代と40代の男性では40代の男性の方が
流産率が高いという海外の報告もあります。

 

今、言われている事は

精子の断片化が起きているのではないか?

という事

 

DNAそのものに傷がつくことを
断片化と言います。

 

そして、射精した精子よりも精巣内の精子の方が

断片化していないという事も確認できています。

 

つまり作られて
射精して子宮内を通り、卵子に届くまでの間に

傷ついてしまい、そのDNAが
受精はするものの、流産に至ってしまう原因で

あるというのです。

当然、年齢が高ければ高いほど
酸化ストレスは上がるので

受精しづらくなるのです。

では、自分の精子が断片化しているかどうかは
次回にご説明します。

不妊の原因の最新記事8件

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG